正しい本の読み方 「人生が変わる読書術」

本を読むのは好きだけど、読んだ後は全て忘れてしまうことありませんか?ノウハウ本を読んだけど1ヵ月後には読んだことすら忘れてしまうことも。

本は読む目的は人それぞれ。
リフレッシュで読む人も多いでしょうが、何かの答えを知りたくて読む人も多いはず。

それなのに読んでも何も残らないのであれば読書は時間の無駄になってしまいます。




そこでご紹介したいのが「人生が変わる読書術」。
サブタイトルは「本物の知識と教養がグングン身に付く」です。

最初にお伝えすると、この本は速読の類の本ではありません。
本を読むメリットや心構え、実用的なノウハウが書かれていますが、100ページ強の本なので1時間くらいで読めてしまいます。

中身は割愛しますが、章立てをご紹介すると
第1章:読書はコストパフォーマンス最大の学びだ
第2章:読書に関する7つの誤解
第3章:読書の技法
第4章:読書は一冊から無限に展開せよ
第5章:本に出会う場
第6章:古典的名著で人間的な深みを増せ
第7章:これだけは読みたい大人の教養書カタログ

ノウハウ系は第3章と4章がメインです。第6章と7章はオススメの本の紹介となっています。

読めばわかりますが、すぐできるノウハウがわかりやすく書かれています。

是非本の読み方に悩んでいる方にオススメの本です☆
気になる方はこちら↓

会社の数字をどのように戦略に活用するか? | 武器としての会計思考力

会計はわかるけど戦略への活用できてますか?

会計の指南本は多数ありますが、本日ご紹介する「武器としての会計思考力 」は戦略への活用方法が詳しく解説されています。

もちろん一般的な会計の説明(BS,PL,キャッシュフロー)もしっかり書かれています。

が、私がオススメしたいのは
第5章:会計思考力でKPIを設定する
第6章:会計思考力でKPIを現場に落とし込む
です。

私は現職で営業の年度予算や戦略策定を担当しています。

会計については10年程携わっているので財務分析は容易いのですが、そこから戦略を策定して現場への落とし込みに毎度苦労していました。

経営層は会計に敏感でも現場はそうではないですよね。

全く気にしていない社員もいますし、下手すれば自社の利益・売上をまともに答えられない社員もいます。

本著では、「会計を読み解き~分析をして~戦略を策定して~現場に落とし込む」までの一連のプロセスをわかりやすく解説しています。

管理職の方は仕事柄会計に携わる機会が多いと思いますが、「じゃあ現場にどうやって伝えるの?活用するの?」と苦心している人も多いはずです。

そういった方に是非手にとって頂きたい本です。

※興味ある方はこちらから↓
武器としての会計思考力

2017/12/24週 今週見つけた読みたい本

今週本屋で見つけた読みたいと思った本を5冊ご紹介します。

タイトルのみで決めてますのでご了承ください☆

1位 なぜビジネス書は間違うのか

著者:フィル・ローゼンツワイグ
マネジメントに関する本の大半は「企業パフォーマンスを向上させるにはどうすればよいか」をテーマにしている。本書はそれに対し、「こうすれば成功する」というような公式は存在しないと主張する。著者は、経営戦略のプロやコンサルタントや教授や記者などの専門家がなぜ頻繁に間違いを犯すのかを示し、ビジネス誌や学術調査や最近のベストセラーなど、あちこちに見られる妄想を暴いてみせる。「ハロー効果」とは、企業の全体的な業績を見て、それにもとづいてその企業の文化やリーダーシップや価値観などを評価する傾向のこと。業績のよい企業が、すべての面で高く評価されがちな妄想を、後光(ハロー)が射していることになぞらえた表現である。

2位 専業主婦は2億円損をする

著者:橘玲
47万部のベストセラー
『言ってはいけない 残酷すぎる真実』の著者による
衝撃の書き下ろし!

“専業主婦”は日本だけの絶滅危惧種!?

働く女だけが、
お金も恋愛も自由も手に入れる。

ソロ充、リア充、ソロリッチ。
あなたはどの生き方を選ぶ?

目指すは、生涯共働きでニューリッチ。

! 専業主婦はカッコ悪い
! 依存する人生は楽しくない
! 婚活よりはるかに確実な方法
! どんな仕事なら稼げるか
! スペシャリストとマックジョブ
! 正社員と非正規は日本独特の「身分差別」
! 専業主婦になりたい女子は賢い男子に選ばれない
! 同類婚が増えていく
! これからは女性のほうが仕事に有利
! 母子家庭というリスク

知らなきゃ損する、100年ライフの生き抜き方

独身も既婚も男性も必読!

3位 30代で年収1000万になる人、一生400万のままの人

著者:夏目 俊希
◎一生、年収400万と1000万オーバーの分かれ道とは?
これまで1万人以上のビジネスパーソンのキャリア支援をしてきた著者は、年収400万でストップしてしまう人、30代でも一気に1000万に到達する人には大きな違があるといいます。
本書では、著者がキャリア支援の現場で培った豊富な事例を基に、年収がどんどんアップしていく人の行動・考え方を以下をはじめ、51個に分けて紹介していきます。
・話ベタの人ほどチャンスが舞い込む
・できないことは「できない」と言える
・年上から相談を受ける
・外にチャンスを求めない
・時給でなく、成果給で考える
著者は、今の会社で存分に力を発揮することで十分年収がアップすることが可能と言い、そのノウハウをあますところなく解説していきます。
30~40代のビジネスパーソンに向け、目の前の仕事をポジティブに見つめ、毎日仕事に行くのが楽しくなり、新たなステップアップの機会を手に入れられる1冊です。

4位 論理のスキと心理のツボが面白いほど見える本 (青春文庫)

著者:-
どれほど明快な論理で説得しても、相手の心に届かなければ、よい返事はもらえない。
どれほど感情に訴えても、ことば(論理)にまやかしがあったら、やっぱり相手は納得してくれない。
ではどうするか—-。
本書を読めば、大人に必要な「論理」を組み立てる力と、「心理」を自在に操る力を同時に身につけることができる。
ありそうでなかった、ビジネスパーソンのための禁断のハウツー本!

5位 大手新聞・テレビが報道できない「官僚」の真実

著者:高橋 洋一
【発売後、たちまち大増刷! ! 】
森友学園問題、加計学園問題。
忖度とは、いったい何なのか?
官僚がひた隠す「不都合な真実」を元財務官僚がすべて暴く! 

新聞やテレビの報道では、連日のように「森友学園問題」や「加計学園問題」が取り上げられている。しかし、一向に真相が見えてこない。なぜか。それは、これらの問題の裏に、官僚たちが必死で隠そうとする「不都合な真実」があるからだ。
本書では、元財務官僚で霞が関を知り尽くす著者が、大手新聞・テレビが報道できないニュースの真相に切り込む。

また来週もご紹介します!

チャートは組み合わせが大事!

FXを始めて最初の壁にぶつかったのはチャート分析・テクニカル分析です。

移動平均線・ボリンジャーバンド・MACD・フィボナッチ・トレンドライン等々、FXにはチャート分析のための手法が様々あります。

1つ1つの意味はわかるのですが、具体的にどうやって使うのかはわからず、失敗の連続でした。

その間、FX絡みの書籍を多読しましたがどうもパッとしない。

そこで出会ったのが「チャートがしっかり読めるようになるFX入門」です。

著者は外為オンラインで講師もしている、佐藤正和さん。
外為オンラインのHPでも「実践チャート術」という特集でチャート分析をしている方です。

私が始めてFXをしたのも外為オンラインで馴染みもあったので買ってみました。

本著で非常に良いなと思ったのは、実際のトレードでのチャート分析の使用方法が書かれている点でしす。

よくあるFX本だと「絶対勝てる」とか「100%負けいない」とか魅力的なタイトルが多いですよね。

しかし「チャートがしっかり読めるようになるFX入門」はオーソドックスなチャート分析をどのように実際のトレードで使うかが詳しく書かれています。

例えばテクニカル指標は1つだけで使うのではなく、2つ・3つを組み合わせることで確度が高まること。

※引用「チャートがしっかり読めるようになるFX入門」

また1つ1つのテクニカル分析についての詳しい解説。※引用「チャートがしっかり読めるようになるFX入門」

初心者の私にとっては「こういう本が必要だったんだ!」と思った記憶があります。

FX基本をしっかり押さえている本を探されている方は是非手にとってみてはいかがでしょうか。

あと外為オンラインを使っている方にもオススメです。解説の図は外為オンラインのチャートになるのでわかりやすいと思います。

気になる方はこちら↓
チャートがしっかり読めるようになるFX入門

オススメのブックカバー5選

電子書籍が流行っているとはいえ、本を読むならやっぱり実物です。

電子書籍はかさばらないのが利点ですが、私個人としては
・すぐに取り出せる
・電池を気にする必要はない
・読めば読むほど本に味がでる
という点で断然実物派です。

そして忘れちゃならないのがブックカバー。
30代のスーツを来た男性サラリーマンが持っていて恥ずかしくないオススメブックカバーを5つ選びましたのでご紹介します。

1位:土屋鞄:ナチューラ ヌメ革  ブックカバー

ナチュラルで上質感の高い風合、牛の傷やシワ・血管や毛穴の痕などの自然な表情、素朴な革の匂い、温かな手触りを持つ最も革らしい革です。使い始めは固いですが徐々に柔らかく馴染み、使いこむほど色艶が深みを増して、非常に味わい深い風合に変わります。丁寧に使えば長年の愛用に応えてくれる、革好きに高い人気を誇る革素材です。

※楽天からご購入の方はこちら↓
ナチューラ ヌメ革ブックカバー文庫サイズ

2位:HERZ:革ブックカバー文庫本サイズ

誰にも邪魔されたくない自分だけの時間。そんな時間を彩る本革ブックカバー。 電車の中、喫茶店の中、一人の時間を過ごすのに最適な本ですが、 他の人に読んでる本を見られるのは自分のプライベートを覗き見されてるみたいで嫌。 そんな時、この革のブックカバーがあれば、人の目も気にせずに、本の世界に入りこめます。 固めのカバーなので、大事な本を保護できます。 サイズも色々あるので、漫画を読んでても知的に見えちゃうかも!?

※amazonからご購入の方はこちら↓
革ブックカバー文庫本サイズ(牛革)黒




3位:ALBEROパローネ ブックカバー 

ユニセックスで使える上質なブックカバー
贈り物にもおすすめの革小物

Pallone(パローネ) = 気球
イタリア製牛革ショルダーをタンニンでなめし、ソフトで艶のある素材を使用しました。
ふっくら愛らしいフォルムです。
自然に馴染む洗練されたデザインで、使うほどに愛着の湧く逸品になりそうですね。
シンプルな雰囲気で、男女兼用でお使い頂けます。
贈り物にも最適な革小物です。

※amazonからご購入の方はこちら↓
ALBERO パローネ ブックカバー

4位:KAKURA手縫いレザーブックカバー

KAKURA(カクラ)の製品は「日本文化を感じられること」「ミニマムであること」「温かみのあるデザイン」をテーマに手作りの愛着が沸く製品を提供するブランド。そのもの作りの素晴らしさは数々のメディアでも多く取り上げられ賞賛されています。裏表紙側のカバーを本の表紙に巻く形なので、本の厚みを選びません。
使い込む程に、本へ馴染み柔らかくなっていきます。
また、縫い直しや革紐の取り替えなどのメンテナンスも行っています。

※amazonからご購入の方はこちら↓
KAKURA 手縫いレザーブックカバー

5位:Ashford:ブックカバー文庫版 本革

創始者が自己のスケジュール管理や情報管理に悩んでいたところ「スケジュール帳」に出会ったのがきっかけで始まったASHFORD(アシュフォード)。厳選された素材を国内外から選出し自社製作。手帳を「ジャケット」と名づけ、ファッションのように気分に合せて変えられ、自己表現をするツールのひとつと呼んでいます。

※amazonからご購入の方はこちら↓
ブックカバー 文庫判 シルフ 本革【ネイビー】 8592-077

いかがでしたでしょうか?気に入るものは見つかりましたか?

お気に入りのブックカバーがあると本を読むことがより楽しくなります。

是非参考にしてください☆



組織は点ではなく線で戦え!

こんにちわ!人材会社にて営業マネジャーをしているupuptenpoです!

先日、元プロ野球監督の野村克也氏が著者の最強の組織をつくる 野村メソッドを読みました。

元々プロ野球は興味があったのと、データを重視した采配に好感を持っており手に取った次第です。

私の所属している会社は「気合・根性」よりも「データ・数字が全て」という文化が強い会社です。とういよりも「気合・根性」はあって当たり前の要素としか見ていません。

そういった環境で仕事をしているからこそ、野村克也さんの考え方に興味が持てたんだと思います。

さて本の内容です。

読んで驚きました。ほぼ私の今の仕事に活かせることが書かれていたんです。

活かせるというよりも、考え方の本質を改めて学ばせて頂いた感じですかね。

例えば

”適材適所が組織力を左右する”

とうい言葉が出てきます。野村さん曰く、「2004年巨人打線。清原、ペタジーニ、小久保、ローズ、阿部、高橋由伸が並ぶ豪華打線でチーム本塁打259本というプロ野球新記録を樹立したが結果は3位。強打者を揃えただけのオーダーは点の集合体でしかない。」と。

これって営業組織にも同じことが言えます。
何故組織で仕事をするかと言うと、1人でやるよりも大きな成果を出せるから組織で仕事をするわけです。

稀にある組織にスーパー営業マンが集結すること。
これはこれで頼もしいのですが自分のためにしか仕事をしない組織は組織でないのです。

事実、個人頼みの支店が継続的に好業績を出せない実例を数多見てきました。理由は簡単。スーパー営業マンのやる気に左右されるからです。

逆に安定的に好業績を出せる組織というのは、各々の役割と責任が明確な組織です。

スーパーな営業マンがいなくてもいいのです。1人1人の得意な分野を大事にする。組織として結果を出すために適切な役割を与える。

これをやるだけで結果は全く違ってきます。

少し話は脱線しましたが、それ以外にも共感できる内容が多かったです。

”勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし
自力・他力のどちらの勝利かを見極めることが重要”
“信は万物の基を成す
人は信頼されたとき、それに応えようと奮起する。責任は自覚となり大事な場面で能力を発揮できるようなる”
単に有名な野球監督の本として読むのではなく、ビジネス書として読むほうがしっくりきます。
私がこの本を手に取ったのは、組織の在り方に迷いがあったときでした。
是非同じような悩み・迷いが有る方に読んで頂きたいです。
何かしら前を向ける内容があるはずです。
※アマゾンからはこちら↓

最強の組織をつくる 野村メソッド

2017/12/10週 今週見つけた読みたい本

今週本屋で見つけた読みたいと思った本を5冊ご紹介します。

タイトルのみで決めてますのでご了承ください☆

1位

タイトル:黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い
著者:畠山 理仁
コメント:落選また落選! 供託金没収! それでもくじけずに再挑戦!
選挙の魔力に取り憑かれた泡沫候補(=無頼系独立候補)たちの「独自の戦い」を追い続けた20年間の記録。

2位

タイトル:大人のための国語ゼミ
著者:野矢 茂樹
コメント:相手にきちんと伝わるように話せない、分かりやすい文章が書けない…。そんな大人たちに向けて、論理トレーニングの生みの親である著者が行う国語ゼミ。実用性の高い文章を問題文として出題し、その考え方や解答例を解説する。

3位

タイトル:人生が変わる読書術
著者:吉田 裕子
コメント:本を読んでもなかなか身に付かない、読んでも10分ほどで飽きてしまう。そんな悩みを持つ人に向けて、本物の知識と教養を手に入れる正しい本の読み方を紹介します。これだけは読みたい大人の教養書カタログも掲載。

4位

タイトル:シリコンバレー式 最強の育て方
著者:世古詞一
コメント:米国のシリコンバレーでは今、上司と部下が定期的に1対1の対話を行う、1on1ミーティングというカルチャーが当たり前になっている。その手法を具体的に紹介する。1on1ミーティング質問・伝え方例一覧付き。

5位

タイトル:2025年東京不動産大暴落
著者:榊淳司
コメント:2025年、超高齢化の進んだ地方でいま起きている不動産暴落の現実が、東京にも襲いかかる。暴落を回避するにはどうしたらよいのか? 不動産バブルのしくみから、大暴落までのシナリオを大胆予想する。

また来週もご紹介します!



損切ってこうやるんだ!「改訂 確実に稼げる FX 副業入門」

副業で人気のFX。1年前から興味本位で始めました。

軍資金として10万円を用意しましたが、始めてから1ヶ月で半分の5万円に・・・。最初は楽に勝てると思っていたのですが、そんなに甘くはありませんでした。

それからは本を読んで勉強したらネットやYouTubeで動画を見たりとしましたが、儲けを増やし続けることができませんでした。

そんなとき出会ったのが「改訂確実に稼げる FX 副業入門

内容は初心者には非情に読みやすい構成でした。

著者は堀 祐士さん。
元々この方のブログ読者でした。他のFXトレーダーのブログはお金の匂いがプンプンするのですが、堀さんのブログはFXを突き詰めるという感じがして好感が持てたからです。

本の特徴をまとめると
①資金管理の重要さ
②とにかく損切を大事にする
③トレード手法はシンプルに
です。



他のFX本はとにかくテクニカル分析偏重の傾向が強いですが、
改訂確実に稼げる FX 副業入門」はFX初心者でも取引の仕方から勝てるようになるまでが網羅的に書かれているのも特徴です。

特に私が勉強になったのが損切りの方法です。

どの本も損切の重要性は書いてありますが、具体的にどうやるのかは書かれていないです。

例えばドル円110円で勝ったとして、どこまで下がったら損切をするのかといった、具体的な判断基準が私はわかりませんでした。

この本でわかったのは、損切と資金管理はFXをやる上で重要な関係だということ。

資金管理を大きく分類すると
・いくらまで資金を投入できるのか
・月間何%の利回りを期待しているのか
です。

上の2つがはっきりすると必然的に1回で負けていい額がわかります。それが損切りラインになるのです。

詳しくは本著を読んで頂きたいのですが、私が勝ち続けられるようになったのは間違いなく損切に迷いがなくなったからです。

テクニカル分析やタイトルにある「1年で30%の利益を出し続ける法則」も大いに共感できましたが、初心者の私にとっては損切の仕方のほうが今は役に立っています。

是非FAを初めたけど勝てない、損切に迷ってしまう方にオススメの本です。

アマゾンストアからはこちら
改訂確実に稼げる FX 副業入門




2017/12/3週 今週見つけた読みたい本

今週本屋で見つけた読みたいと思った本を5冊ご紹介します。




読破しましたらご紹介したいと思います。

1位

30代で年収1000万になる人、一生400万のままの人

30代の私としてはかなら気になるタイトルです。

2位

論理のスキと心理のツボが面白いほど見える本





営業マネジャーとしては部下育成とマネジメントのために興味をそそられた本です。

3位

「働き方改革」の不都合な真実

最近流行りの働き方改革。これも興味がそそられるタイトルです。

4位

結果を出すリーダーはみな非情である

嫌われるのを異常に避けるマネジャーが多いのですが、
そんな人に読んでみてほしいですね。

5位

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

仕事効率化の本ですね。どんなノウハウが書かれているか気になるタイトルです。

また来週も気になる本をご紹介しま~す!



本が大好きな30代サラリーマンのブログです