upuptenpo のすべての投稿

ブログのジャンルの決め方!





それではブログを実際に作る前に

「狙うジャンル」を決めていきましょう。

ブログのテーマはなるべくなら特化させた方がいいです。

「ウェブ制作」に関するブログを作るよりも

「WordPressでのブログ運営」に特化したブログを作るなど、

広く浅いテーマを扱うよりも

狭く深いテーマの方が専門性が高いため、

RSS登録ヤTwitterのフォローもつきやすく、ソーシャルメディアでも広がりやすいです。

自分はどのジャンルの知識を持っているのか。

どんな広告に誘導して報酬を稼いでいくのか。

どんなキーワードで上位を目指すのか。

など、ブログの全体像を想像してみましょう。

例えばネットビジネスのブログであれば

「ネットビジネス」というジャンルで、

「お小遣いサイト」をメインの成果報酬とし、

「ネットで稼ぐ方法」「お金を稼ぐ方法」のキーワードで

1位を取ることを目標にウェブサイトを作成するのが良いでしょう。

もし、自分が好きなカテゴリがあったとしても

広告主が全くいなければクリック報酬のアフィリエイトでしか稼ぐことが出来ません。

先述の通り、成果をメインとして稼いだ方が効率がよいため、

A8.net
」などのASPに登録した上で、

そこから扱う広告やジャンルを決めていった方が分かりやすいかと思います。

ただし、ウェブサイトやブログを持っていないと

登録審査に通らないASPもあります。

a8.netならば登録時に「ファンブログ」に登録することで

すぐに利用できるので、まずはa8.netに登録してみましょう。



ちなみにどんなジャンルの広告があるのか、

以下にa8.netのプログラム一覧を掲載しておきますので

一度、目を通してみましょう。




●a8.netにある広告主カテゴリ

レンタルサーバー・ホスティング

ASP(WEBサービス)・ソフトウェア

ショッピング全般・モール・オークション

グルメ・食品

ファッション・雑貨・アクセ

ペット・ペット用品

教育・学校・資格・講座

車・バイク

スポーツ・趣味

パソコン・家電

電話・通信

インターネットサービスプロバイダー

美容全般・健康グッズ・健康食品

不動産・賃貸・引越

エンタメ(書籍・音楽・映画等)

女性向サービス

アート・写真

懸賞・メルマガ

ポイントサービス

ギフト・花・ガーデニング

ゲーム・玩具・ギャンブル

株式・証券

金融

広告メディア

家庭・子供用品・家具

オフィス用品

就職・転職・仕事情報

SOHO・在宅ワーク

保険

ビジネスサービス

旅行・航空券

ノウハウ・ハウツー・セミナー

結婚情報

ブログ・情報交換・地域・海外情報

コミュニティ

チャット

楽天市場

その他

以上がA8.net
で扱っている広告カテゴリになります。

実際にA8.net
に登録した上で、

上記のカテゴリから広告主数・成果報酬額を確認しながら、

自分の興味と照らし合わせてカテゴリを決めていきましょう。

広告主数が少ないジャンルを狙う場合は、

その業界の広告自体がいつか無くなってしまうことも考えられるので

なるべく広告主数が安定して多い所をオススメします。

安定して広告主が多いカテゴリは

レンタルサーバー・ホスティング

インターネットサービスプロバイダー

美容全般・健康グッズ・健康食品

不動産・賃貸・引越

懸賞・メルマガ

ポイントサービス

株式・証券

金融

SOHO・在宅ワーク

保険

旅行・航空券

などが安定しているかと思います。

広告主の数が多ければ広告の代替も可能ですし、

ブログの影響力が大きくなれば

広告主同士で単価競争に持って行くことも出来ます。

ブログが成長していけば

広告主同士が単価競争をするようになってくるので

なるべく広告主が多いジャンルを狙うのは外せませんね。

そして、ジャンルが決まったら、

用意されている広告を見ていけば

「どのようなコンテンツが必要になるか」

が想像できるかと思います。

実際にa8.netに登録をして

上記のカテゴリから自分にまだ向いていそうなカテゴリを決めましょう。




独自ドメインのメリット





続いてドメインについてご説明します。

ドメインとはいわゆるURLのことで

独自ドメインは「自分で決められるオリジナルのURL」になります。

通常、レンタルサーバー会社のドメインを使う場合、

サーバー会社のURLが最初に入ってしまいますが、

独自ドメインを使うことで完全に自分でURLを決めることが可能です。

例えばさくらのレンタルサーバーを借りる場合は、

通常ドメインは以下のようになります。

http://決めたドメイン.sakura.ne.jp

独自ドメインを取った場合は以下のようになります。

http://決めたドメイン.com

http://決めたドメイン.jp

単純に短くて分かりやすいURLにすることができますね。




しかし、これは「絶対に必要」という訳でもありません。

直接的なSEO効果は特にありませんし、

独自ドメインなしで運営している人も多いです。

しかし、アクセス過多やサーバー会社の倒産などで

上位のレンタルサーバーや他のレンタルサーバーへ引っ越しをしないといけない際、

独自ドメインがあれば被リンクなどをすべて引き継いで移転することができます。

独自ドメインではない場合、上位クラスのレンタルサーバーに移動ができないことも多いです。

(sakuraではできませんが、Xサーバーでは可能です)

例えばさくらのスタンダードクラスのレンタルサーバー(年間5000円)だと

1日2万アクセスほど来ると、サーバーが転送量制限にかかって、

ブログにアクセスしづらい状況になってしまいます。

特にはてなブックマークなどで急激にバズった場合、

せっかくたくさんの人が見てくれるはずなのに、

同時アクセス数制限をくらってしまい、エラーで見れない状況に陥ってしまいます。

無料ブログよりも有料レンタルサーバーの方が安定していますが

更に安定させるなら+独自ドメインを取得した方がいいという感じですね。

ちなみに有料サーバー+独自ドメインで、

一年間の維持費は10,000円程度になるかと思います。

とりあえず試しに運営してみたいという方は

やはり無料ブログでも大きな問題はありませんし、

ワードプレスを使ってしっかり運営したいという方は

有料のレンタルサーバーで運営して、

どうせなら長い目で見て土台から固めて運営したいという方は

有料のレンタルサーバーと独自ドメインを使うことをお勧めします。

もし悩む場合は、とりあえず無料ブログで試してみましょう。

無料ブログで濃いアクセスを集めて、毎月100万越えしているアフィリエイターもおりますので。



世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?




世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? [ 戸塚隆将 ]を読みました。

著者の戸塚隆将さんはゴールドマン・サックス、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経験した元バリバリの外資系コンサルタントです。

他には
世界の一流36人「仕事の基本」 [ 戸塚 隆将 ]
SIMPLE RULES 「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える【電子書籍】[ ドナルド・サル ]
等があります。

今回読んだ世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? [ 戸塚隆将 ]は世界のトップエリートが実践する基本がリアルに描かれています。

実際に世界トップクラスの企業で働いていたからこそ書ける内容だと思います。

本の構成は
Chapter1:人との「つながり」に投資する
Chapter2:自分の内面と外見を磨く
Chapter3:時間に支配されずに働く
Chapter4:決定的なコミュニケーションで成果を出す
Chapter5:利益を生む資料と会議で貢献する
Chapter6:世界に打って出るキャリアを高める

といった内容になっています。




どれも明日から徹底できることばかりです。そして書かれていることに納得感がある。ただそれを徹底できるかどうかがエリートと凡人の違いなのでしょう。しかもその徹底度合いが半端ない。

例えば「Chapter3:時間に支配されずに働く」の一節に「ゴールドマンの上司が始業1時間前にしていること」という節があります。

連日連夜残業している上司が毎朝始業1時間前に出社してやっていることとは・・・。内容は是非実際に読んでみてください。

朝早く出社することが重要なのは誰しもわかっている。
しかし大体の人はこの毎朝が難しい。

どの章も突飛なことは書かれていません。極々社会人として基本的なことをエリートはどこまで徹底しているのか知りたい方には是非オススメです!

 

 




ブログとワードプレス、どちらで作ればいいか?

アフィリエイトをやる媒体には、誰でもすぐに始められる「ブログ」と制作の技術と知識がいる「ウェブサイト」、その中間にあたる「ワードプレス」と、大きく分けて3つの種類があります。

まずは各媒体の長所・短所についてご説明いたします。



無料ブログのメリットとデメリット

「ブログの長所」

●テンプレートを選ぶだけなので初心者向き。

●HTMLやCSSを学ぶ必要がほとんどない。

●記事を書くだけで、細かいSEO施策をする必要がない。

●基本的に無料で作成・運営できる。

「ブログの短所」

●あまり細かくいじれないため、SEOとデザインにこだわれない。

●無料ブログの場合、安心面のデメリットが多い。

ブログの長短をまとめると、

初心者でも80点の状態をすぐに作ることが出来ますが

上級者でも80点以上に作るのが難しいという所ですね。

無料ブログは100点の媒体にはなれませんが、

高い水準で安定している媒体と言えるでしょう。

ブログを始める際は、

はてなブログ・livedoorブログ・FC2ブログ・amebaブログなどの

無料ブログサービスを使うことになります。

無料ブログの場合、

「無料で使える」という大きなメリットがありますが

大きなデメリットも存在します。

それは「ブログ自体が自分のものではない」ということです。

ブログサービス側のサーバーとドメインを無料で借りて運営するため、

規約違反をすればブログ自体が削除されてしまいますし、

無料のため、サーバーも転送量に制限があり、

アクセス過多によってブログが運営できなくなる可能性もあります。

ブログサービス自体がいつか停止する可能性もありますし、

無料レンタルだけに完全に安全ではない所が大きな短所でしょう。

また、他のデメリットとして

ブログの上部や下部に広告が入ることが多いです。

サーバーの機能や容量も少ないですし、

ビジネスとして運営する場合はあまり向いていません。

しかし、無料ということは大きなメリットなので

初めてのブログ運営には向いているとも言えます。

ただ、アクセスが増えてブログ側から制限されたとしても

無料ブログの場合、有料のレンタルサーバーに途中から引っ越すことができないので要注意です。

後でサイトを移転(引っ越し)するとなると

被リンクなどのSEO要因はドメインに依存するため、

貯めた被リンクはまた0からになってしまいますし

全てのリンクURLを変更するなどの面倒な作業も増えてしまいます。

無料の場合もほとんどサイトが消える可能性はないのですが、

安全性を取るのならばウェブサイト or ワードプレスにした方が安心でしょう。

以上、無料ブログのメリットとデメリットのまとめでした。



ウェブサイトの長所と短所

それでは続いてウェブサイトの長所と短所についてご説明します。

「ウェブサイトの長所」

●デザインやSEOを100%カスタマイズできる。

「ウェブサイトの短所」

●HTML・CSSを使って1から作らなければいけない。

●初心者には敷居が高すぎる。

ウェブサイトの長短をまとめると、

上級者の方ならばブログよりも導線作りがしやすく、

自由度も高いため、成果は出しやすくなります。

当サイトのようにトップページに整理したコンテンツを置いて誘導するなど

自由にデザインできるウェブサイトの方が導線作りはうまく作れます。

ただ、難易度は10倍以上高くなるので

初心者の方は間違いなく手を出さない方がいいでしょう。

また、今ではワードプレスが主な媒体となっているので

今ウェブサイトに手を出すぐらいならば絶対にワードプレスをおすすめします。

ウェブサイトの長所と短所

それでは、最後にその「ワードプレス」についてご説明いたします。

「ワードプレスの長所」

●ウェブサイト並に自由にカスタマイズできる。

●ブログ並に扱いが簡単で、初心者にも扱うことが可能。

「ワードプレスの短所」

●ほんの少しだけHTML・CSS・PHPの知識が必要。

●有料のレンタルサーバーを使わなければいけない。

ワードプレスの長短をまとめると、

ワードプレスは両者のいいとこ取りをした媒体で、

今の主流はワードプレスになっています。

手軽にハイクオリティなブログを作成できるので

今からブログを運営する方には強くおすすめします。

レンタルサーバーは年間で5000円~10000万円ほどと有料にはなってしまいますが、

その分、無料ブログよりも容量や転送量に制限がなく、アクセスが増えてもある程度対応が可能です。

sakuraのレンタルサーバー(http://www.sakura.ne.jp/)なら

スタンダードプラン以上(月500円ほど)でワードプレスを使えますし、

XSERVER(https://www.xserver.ne.jp)なら月900円ほどでワードプレスを使うことができます。

それでは3媒体を説明した所で、実際にどこを使ったらいいのかを考えてみましょう。

最初は無料で運営していきたい場合は

無料ブログサービスをオススメします。

ずっと無料で運営できるという点と

HTMLやCSSを学ばなくていい点は非常に大きなメリットです。

まずは「はてなブログ」などの無料ブログで慣らしてから、

実際に稼げるようになったら「はてなブログPro」などの有料プランに移動するか、

もう1サイトを新しく有料レンタルサーバーで作ってみるのもいいと思います。

もし、サーバー代が惜しくないのであれば

ワードプレスからスタートすることをオススメします。

少しだけ難易度は上がりますが、

転送量制限も上がり、高クオリティなブログも作れ、

長い目で見ればワードプレスの方が多くの面で優れているでしょう。

ただ、後でいくらでもブログを作ることはできるので

とりあえず無料ブログからスタートしてみて、

慣れてきたらWordpressを使うのもいいと思います。

とりあえず無料でスタートしたい人は無料ブログを。

いきなり本格的にチャレンジしたい方はワードプレスですね。



SEOで検索順位をあげるノウハウ





短期間でネット収入を獲得するためには、

SEOを正しく理解することが大事です。

私が短期間で毎月10万円以上を稼げるようになったのは

正攻法かつ最も近道なSEOを理解し、そして実践したからです。

正攻法のSEOを使っていれば

どんなアルゴリズムアップデートでも順位は落ちることなく、

逆にどんどんと順位を上げていくことが可能です。

そしてその正攻法のSEOで大事なことが以下の3つです。

1、被リンクを獲得するバイラルコンテンツ

2、全体の文章量を増やすロングテールコンテンツ

3、成果報酬へうまくつなげるサイト内の導線作り

この3つをどれだけクオリティ高くできるかにかかっています。

先ほど、SEO対策について細かく掲載いたしましたが、

この3つを突き詰めて実践するだけでも

簡単に成果アップにつなげることが出来ました。

裏技SEOを利用して

1,被リンクを相互リンクで稼いで

2,人の良いコンテンツをコピーして水増しし、

3,全ページに広告を掲載する。

これでは100%稼げません。

すぐにドメインごとスパムサイトとしてGoogleから飛ばされ、

アクセスが0になってしまうことでしょう。

裏技的なSEOでは、今の時代、絶対に安定して稼ぐことは出来ません。

また、アフィリエイトで短期間で稼ぐためには

ただ単にアクセス数を稼ぐのではなく

「狙うジャンルに適した濃いアクセス」を集めることが大切です。

当サイト「ネットで稼ぐ方法をマスター!」は

月間60万ページビューで月間400万円前後を稼いでいますが、

これは「濃いアクセスだからこそ出来ること」です。

仮に2chのまとめサイトで60万ページビューを集めたとしても

稼げる額は多くて60万円程度だと思います。

成果に関係のないアクセスをいくら集めた所で、

クリック報酬型のアドセンス分しか稼ぐことは出来ません。

成果に特化したブログを作り、

しっかりと導線作りをした上で、

濃いアクセスを集めることが出来れば

少ないアクセス数でも数倍、数十倍もの成果を獲得することが可能です。

その「濃いアクセスを得るためのサイト作り」のためにも

ノウハウを1つずつ学んでいくことが一番の近道になるでしょう。

濃いアクセスを得るための3つのノウハウ

それでは、先ほど掲載した3つのノウハウを詳しくご説明します。

まず、1つ目がバイラルコンテンツです。

バイラルマーケティング・バズマーケティングとも言いますが、

簡単に言うと「クチコミで広がるコンテンツを作ること」を指します。

優れたコンテンツは

Twitter・Facebook・はてなブックマーク・ブログメディアで自然に広がっていき、

自動で「アクセス」と「被リンク」を集めてくれる最も頼れる武器になります。

皆さんも面白いコンテンツやツイートが

SNSでどんどんと広がっていく所を見たことがあるかと思います。

現在、被リンクの獲得方法として

一番効果を出しやすい方法がバイラルコンテンツです。

今ではソーシャルサービスからのアクセスが

検索エンジンに並ぶほどのアクセス源になっているので

自然にリンクしてもらえるような質の高いブログ作りが大切です。

とにかく訪問者にとって有益で、貴重な情報を提供することです。

訪問者のほとんどは最初の1ページでブログのコンテンツを判断します。

そのため、全てのページをブログの入り口と考えて、

訪問者を逃さないように魅力的に作らなくてはいけません。

タイトルでつかみ、記事の内容で心を掴んで、

たくさんの人にシェアされるような記事を作ることが大事です。

今は優れた記事はTwitterやFacebookで爆発的に広がるため、

優れたコンテンツさえあれば勝手にアクセスと被リンクは集まります。

「アクセスアップ = 被リンク × コンテンツ量 × 優れたコンテンツ」です。

被リンクは全体の順位を上げ、

テキスト量は訪問者を呼び込み、

優れたコンテンツは被リンクとアクセスを同時に生みます。

この「稼ぐ仕組み」を作ることこそが最短で稼ぐ方法です。

被リンクを生むコンテンツの次は

全体のアクセス数を伸ばすためにの「ロングテールコンテンツ」です。

ロングテールについてご説明します。

例えば「猫 しつけ」というワードを狙って

「猫のしつけサイト」を作ったとします。

この場合「猫 しつけ」というワードで

訪問してくる方がほとんどでしょうか?

実はそうではなくて、

「検索した人が1人~2人しかいないワード」が

訪問者のほとんどを占めているのです。

つまり、ほとんどの訪問者は

ブログ制作者が意図したキーワード以外のキーワードで訪れます。

だからこそテキスト量が必要になってくるのです。

例えば猫の動画を紹介して「可愛い!」という感想を書いていれば

「猫 可愛い 動画」というキーワードで訪問される方が増えますね。

たくさんの記事を書き、テキスト・コンテンツ量を増やすことで、

思いがけないワードで訪問者を集めることが出来るでしょう。

そして、そのコンテンツがバイラルコンテンツであればなお、効果的です。

そうして濃いアクセスが集まるようになったら

後はサイト内の全ページから成果誘導ページへリンクを貼って、

成果への導線作りをしていきましょう

私はネットビジネス以外にも節約系の記事を書き、

全てのページから人気の記事へ誘導しています。

そして、自然と成果へと誘導することで大きな成果報酬を得ているのです。

バイラルコンテンツで被リンクを生み、

ロングテールコンテンツでアクセスを更に生み、

導線作りで効率的に成果を生めば誰でも稼ぐことが可能です。

この3つを忘れずにSEOを施せば間違いなく成果は伸びていくことでしょう。

コンテンツマーケティングを学ぶ。

先述の通り、今では裏技的なSEOは効果がなく、

コンテンツ(内容)が重要になってきます。

ここではWebマーケティングで最も重要と言われる

「良質なコンテンツ」についてご説明します。

Googleはユーザーにとって有益なコンテンツを評価し、

有益なコンテンツはソーシャルメディアですぐに拡散され、

自然と被リンクとアクセスを呼び寄せてくれる最強の武器になります。

そして、有益なコンテンツとは

基本的には「ユーザーの欲求を満たす情報コンテンツ」です。

その欲求を調べるために必要なのが

Googleキーワードプランナーツールです。

このツールは「キーワードの検索数を調べられるツール」で、

細かな使い方は次のステップでも詳しくご説明しますが

このツールを使えば「ユーザーの知りたいこと」を詳しく調べることができます。

また、キーワードを調べる前にも大事なことがあります。

それは「自分が狙うターゲットをしっかり想像すること」です。

まずはブログのカテゴリを決めなければいけませんが、

狙うターゲットとは「最も成果を生み出してくれる訪問者」に絞りましょう。

例えば当サイト「ネットで稼ぐ方法をマスター!」ならば

カテゴリは「ネットビジネス」なので

ターゲットは20代~40代の「サラリーマンの男性」で、

狙うキーワードは「稼ぐ」「ネットビジネス」「副業」などになります。

それらのキーワードから派生する言葉を探していくと

「お金」「副収入」「ポイントサイト」、

「不労所得」「在宅ワーク」などの関連キーワードが出てきます。

他にもサラリーマンを想定しているので

「副業 確定申告」などのコンテンツも人気がありますね。

このようにしっかりとターゲティングが出来ていれば

ソーシャルメディアで広がりやすいコンテンツを作れますし、

文章もしっかりとサラリーマンの男性向けに書くことが出来ます。

これらのキーワードを狙っていく上で、

ユーザーが求める有益なコンテンツを作れば

自然と濃いアクセスと被リンクを得ることが出来るでしょう。

大事なのは

ターゲッティングをして、

キーワードをしっかりと調べて、

キーワードに合った質の高いコンテンツを作ることです。

質の高いコンテンツとは

貴重な情報が網羅されていたり、

内容が面白いものであったり、

分かりやすいHow to系情報、

業界の最新情報・ニュース、

ツールやサービスのまとめも人気がありますね。

逆に質の低いコンテンツとは

成果に誘導するのが見え見えの記事や、

誰もが知ってることばかりで貴重な情報がない記事です。

これらのことを踏まえて次のステップでは

具体的なキーワードの狙い方も学んでいきましょう。

STEP8、キーワードの狙い方を学ぶ。

ブログで記事を作っていく際は

漠然と思いついた記事を書くのではなく

キーワードをしっかりと狙っていくことが大切です。

その際にいくつか大事なポイントがあるのですが、

まずは「検索数が多いのにライバルが少ないキーワード」を捜すことが大切です。

世の中には無限のキーワードの組み合わせが存在しますが

中には検索数が多いのにも関わらず、

上位を取るのが非常に簡単なキーワードも存在します。

このようなキーワードをいくつか見つけるだけでも

すぐに数千~数万というアクセスを得ることができるので

短期間でGoogleアドセンスで稼ぐことも可能です。

例として、

「漫画」というキーワードを狙っても

まず1位を取ることは出来ませんが、

「漫画 発売日」というキーワードならば、

「漫画の発売日ブログ」を作ることで少し上位を取りやすくなります。

この「上位の取りやすさ」を数値化したものを昔はKEI値等と言ったのですが

今では正確なKEI値を調べることは難しくなってしまいました。

また、現在キーワードを調べるためには以下のツールを利用することが多いです。

「Googleキーワードプランナー」

http://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

「フェレット+」

http://ferret-plus.com/

2ツール間でデータが異なる場合もありますが、

どちらも無料で使うことができますので

両方利用しておくことをオススメします。

ちなみに筆者はGoogleキーワードプランナーをメインに利用しています。

関連キーワードを狙いたい時には以下のサービスもおすすめです。

http://goodkeyword.net

また、手作業でキーワードデータを取る方法もあり、

検索エンジンで

intitle:検索するキーワード

を入力することで

「ページタイトルにそのワードを使っているブログの件数」が分かります。

キーワードプランナーで調べた検索ボリュームと

タイトルにそのキーワードを使っているブログ数を見れば

おおよその「そのキーワードでのライバルサイトの数」が分かります。

ただ、毎回チェックするのはさすがに面倒なので

実際はキーワードツールだけでキーワード選定をすることが多いです。

ちなみにキーワードの難易度をチェックするなら

SEO難易度チェックツールも便利ですね。

http://rishirikonbu.jp/difficulty_checker/

ただ、キーワードツールを使う際にはいくつか注意点があります。

まず「一過性の流行ワード」には手を出さない事。

流行モノのワードは狙い目のキーワードになりやすいのですが

このキーワードを検索する人はすぐにいなくなってしまう為、

長い目で見ると「作る意味がないコンテンツ」になってしまいます。

テレビやニュースで急上昇したキーワードを狙っても

記事を書いてから検索エンジンに拾われるまでに時間もかかりますし

すぐにキーワードのブームが過ぎてしまいます。

今はキーワードに対してブログを量産する時代ではありません。

これからは単発的に稼ぐのではなく、

長期的なビジョンを持って稼いでいきましょう。

そのためには長続きするミドルワード・ビッグワードを狙って、

ゆっくりとコンテンツと被リンクを充実させて行くことが

結果として最も早く稼ぐことが出来る道筋だと心得ておきましょう。

他の注意点として、

キーワードツールを使ってしまうと

よく「タイトルに狙うキーワードを詰め込んでしまう人」がいます。

1つのページタイトルにいくつもキーワードを入れてしまうと、

1つ1つのキーワードに対して効力が弱くなってしまいますし、

詰め込みすぎたタイトルはソーシャルメディアでも広がりにくいです。

そのため、基本的には1つのページでは1つ~2つのキーワードだけを狙いましょう。

闇雲に記事を量産することはせずに、

有益なコンテンツを少数精鋭で作っていくことが大切です。



ロングテールSEOを学ぶ

続いて、ロングテールSEOについて更に詳しくご説明します。

ビッグキーワードで一位を取るという目標は大事ですが、

実際、ビッグキーワードで上位を取らなくても

ロングテールのみで安定したアクセスを得ることは可能です。

スモールキーワードを狙って記事を書く習慣をつければ

数ヶ月である程度の安定したアクセスは得られるでしょう。

特に月間300~1000程度の検索ボリュームのキーワードならば

上位を取りやすいだけではなく、細かいキーワードのため、

「成果につなげられる可能生が高い濃いアクセス」にもなります。

例として、「稼ぐ」というキーワードで来る訪問者よりも

「げん玉 ポイントサイト」で来る訪問者の方が、

数倍もげん玉登録に誘導しやすいため、濃いアクセスとなります。

SEOというとビッグキーワードでの上位獲得のみを目指す方が多いのですが

実はロングテールアクセスの方がアフィリエイトでは重要なのです。

また、SEOの基本として、

ビッグキーワードはまずトップページで狙います。

トップページは当然被リンクが一番多く貯まっているので

最もページランクが高く、Googleに評価されているページです。

そして、その次に被リンクが貯まるページがカテゴリページです。

カテゴリページは全てのページからリンクされているので、

ミドルキーワードを狙うならカテゴリページを利用します。

そしてその他の末端ページでスモールキーワードを狙えば

全てのキーワードを効率よく狙うことが出来るでしょう。

まずは自分が狙うビッグキーワードを決め、

次にミドルキーワードを派生してカテゴリを作成、

最後に1ページ1つ~2つのキーワードを含めて記事を書き続ければ

1ヶ月ごとに安定したアクセスを確実に手に入れることが出来ます。

ロングテールはとにかく地道な作業です。

質の低いコンテンツを作っても意味がないので、

良質な記事を書き続けることで確実にネット収入は増えていくでしょう。

ブログの書き方を学ぶ

続いて基礎編最後のステップとして

「ブログの書き方」を学んでいきましょう。

筆者は今までに1000ページ近い記事を書いてきましたが

記事を書くことがとても苦手だったため、

全てのページを何度も何度も書き直した経験があります。

今回は最後まで読んでもらうための効果的なブログの書き方をご説明します。

まず、ブログの基本構成は

1,トップ部分

2,ボディ部分

3,ボトム部分

と3つに区分けされています。

トップ部分はなるべく訪問者の興味を集められるよう、

魅力的なタイトルや、伝えたい内容の概要を書きます。

ボディ部分はメインの内容を書きますが

飽きないように見出しに分けて書いていきます。

ボトム部分は記事全体の内容をまとめるためにあり、

ここで結論と補足を書いていきます。

それでは順に詳しく説明してみます。

1,トップ部分

基本的に訪問者はなんとなく記事を読んでいるだけなので

「読みたい!と思わせること」が非常に重要になってきます。

パっと見て最後まで読みたいと思わせるには

読みたくなるような「魅力的な記事タイトル」と、

記事が読みやすくなる「アイキャッチ画像」が効果的です。

アイキャッチとはタイトルの下に表示される画像のことで、

各SNSでタイトルと一緒に表示されるので絶対に掲載しておきましょう。

アイキャッチについてはフリー素材サイトでダウンロードして、

使いやすいサイズにトリミングして使うと見やすいです。

(私は横600×縦200pxの画像に切り取ることが多いです)

アイキャッチがダウンロードできるサイトについては

以下でまとめていますのでご参考までに。

http://kanemotilevel.com/kizi323.html

ちなみにタイトルの作り方については

先ほども掲載しましたが、以下のような手法が多いですね。

●タイトルに数字を入れて有益感を出す。
例:絶対に入れておきたいiPhoneアプリ16選

●最新ということをアピールする。
例:2018年に流行るiPhoneアプリ16選

●読むと得することが分かる。
例:生活を便利にする最新iPhoneアプリ16選

●好奇心をくすぐるタイトルにする。
例:こんなことも出来る!?脅威の技術を使ったiPhoneアプリ16選

他にもトップ部分の書き出しとしては

●結果から書く

例:

炭水化物ダイエットを2ヶ月やってみたところ、

なんと5.5kgも減ってるじゃないですか!

今回はそんな「炭水化物ダイエットの経緯」を、体重計の画像とともにまとめてみました。

●問題から書く

例:

毎回、いろいろなダイエット方法を試すものの、いつも失敗していませんか?

今回はダイエット方法を失敗する理由と、「絶対に失敗しない唯一のダイエット方法」についてまとめてみました。

など、結果を保証したり、問題を提示することで

ボディ部分に進ませることを目的に書いてみましょう。

2,ボディ部分

ボディ部分はコンテンツのメインです。

この部分こそが一番重要な部分であり、

バイラルコンテンツになるのか、

平凡な記事になるのかが決まります。

まず、絶対に必要なのが見出しです。

HTMLで言うh1.h2にあたる部分ですね。

多くの方はまずスクロールして

読む価値のある記事なのかを見極めます。

そのため、魅力的な見だしをたくさん作ることができれば

全体を見てもらえることが多くなる訳です。

見出しの書き方はタイトル付けと同じように作りますので

見だしにも手を抜かずにしっかりとタイトルを付けていきましょう。

コンテンツ部分に関しては

分かりやすく、具体的に、テーマを明確にして書きましょう。

結果を先に書くのならばその理由をコンテンツ部分に、

まとめ系の文章ならば簡潔にリズムよく区分けして書きましょう。

この「文章力」に関してはたくさんブログを読んで

自然に身につけていくしかありません。

常にはてブの人気エントリーを読んでいれば

記事の書き方もすぐに分かるようになると思います。

feedlyなどでRSS登録するか、Twitterではてなブックマークをフォローして、

たくさんの記事を普段から読むようにしましょう。

3,ボトム部分

最後に記事の締めくくりのボトム部分になります。

ここでは記事内容のまとめや補足を書いていきます。

箇条書きで記事の内容をまとめたり、

結果をもう1度繰り返すことで読者を満足させましょう。

ここにソーシャルサービスのボタンを置いておくことで

記事が拡散されることが多いので最後まで丁寧に書いていきましょう。

記事終わりには冒頭でも書いたように、

成約率の高いページへのリンクを貼ると効果的です。

また、記事終わりが最もクリック率が高くなるので

アドセンスを貼ることも忘れないようにしましょう。

いきなり完璧な文章を書くことは不可能なので

少しずつブログを書きながら、練習していくぐらいで問題ありません。

それでは以上で、ブログの基礎知識は終了になります。

次は実際にネットで稼ぐための「準備」に進んでいきましょう。



効果抜群なSEO対策!





それでは2018年の現在、正攻法で効果のあるSEOを一覧にしてご説明します。以下のSEOをブログに施すことで間違いなく成果を伸ばすことができるでしょう。これからのステップで詳しく説明していきますがまずは、「以下の項目がSEO対策になる」ということを学んでおきましょう。

(1)TITLEは読みたくなるタイトルにする。

とても基本的なことですが

TwitterやFacebookではタイトルのみでシェアされるので

クリックされやすいタイトルにすることが大事です。

数字を入れたタイトルやまとめなどは特に被リンクを集めやすいです。

(「Web制作者がオススメするWebサービス30選」など)

タイトルのつけ方ははてなブックマークの人気エントリーをFeedlyなどでRSS登録することで

人気記事を常に見ることができるので自然と学んでいくことができるでしょう。

数字を入れたタイトル以外だと

まず、「記事を読むメリット」を入れること。

(「旅先での英会話がグっと簡単になる6つのテクニック」など)

そして、誰に向ける記事なのかを入れること。

(「初めて留学する人が知っておきたい5つの注意点」など)

他にも流行のワードを入れるなどをすれば

かなりバズりやすいタイトルが出来てくるかと思います。

(2)タイトルに検索ワードを入れること。

検索されやすいように重要なキーワードは絶対に入れましょう。

Google AdWordsのキーワードプランナーツールを使えば

検索回数の多い人気のキーワードを調べることができます。

具体的なキーワードの調べ方は以下。

1,「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」をクリック

2,「宣伝する商品やサービス」に狙うキーワードを入れる

3,「検索のカスタマイズ」欄にある「キーワードオプション」をクリック

4,「入力した語句を含む候補のみを表示」をオンにして保存

5,「候補を取得」をクリック

6,「月間平均検索ボリューム」をクリックして、検索数の多い順にソートする。

これで、検索回数の多いキーワードリストが出来上がります。

ただ闇雲に記事タイトルを考えるのではなく、

自分のジャンルのキーワードデータをしっかり調べて、

競合性が低く、かつ検索ボリュームの多い「お宝ワード」を狙っていくと効果的です。

Googleで検索した時に表示される関連ワードも参考になるので

なるべく狙い目のワードを入れることで効率よくアクセスを集められるでしょう。

ただ、キーワードアドバイスに振り回されすぎて、

タイトルにキーワードの詰め込みをしてしまう人がいますが、

それでは(1)の「読みたくなるタイトルにすること」が難しくなります。

そのため「1タイトルにつき狙うキーワードは2つくらい」にして、

あまりタイトルに詰め込みすぎないように注意しましょう。

(3)ソーシャルシェアボタンは必ず入れる。

TwitterのリツイートボタンやFacebookのいいねボタン、

はてなブックマークに追加ボタンやGoogle+ボタンなど、

ソーシャルサービスのボタンを入れるのは基本中の基本です。

記事の前後にソーシャルボタンを入れておくことで

訪問者がツイートやいいね!を押してくれる確率が上がります。

ソーシャルからの流入が多くなれば

比例して被リンクも獲得することができます。

被リンクを獲得できれば全てのページが上位表示され、

よりソーシャルで広がる良いサイクルが出来上がります。

ブログであればソーシャルボタンのブログパーツが用意されていますし、

WordPressを使う場合もプラグインで対応できるので簡単かと思います。

(4)成果への導線作りは徹底的にやること!

アフィリエイトで収益を上げるためには

最終的にどこに訪問者を誘導するかを決めた「導線作り」が絶対に必要です。

どのページから来た訪問者にも分かりやすいように

サイドバーにおすすめ記事や誘導したいコンテンツをまとめたり

記事終わりに「おすすめのエントリー」を掲載するのも効果的です。

当サイトの場合はサイドバーにある注目の記事トップ10や

ナビゲーションバーの下部分でメインコンテンツに流しています。

(1時間見れば「年間33,000円」稼げる!~の部分です。)

また、成果型の広告についても

単価が高くてもキャンセル率が高い業者も時々いるので、

しっかりアフィリエイトサービスプロバイダのレポートで見て

最も成約率の高い広告を見極めていくことも大事です。

ちなみに当サイトは最初は1件100円程度の成果報酬でしたが、

アクセス数が上がる度に成果報酬が特別単価になり、

今では1件700円ほどと7倍の単価になっている案件もあります。

(5)PVを増やすならとにかくコンテンツと被リンク!

コンテンツ量と被リンク量はサイトパワーに直結します。

良質な記事を書くことでどちらも強化できるため、

安定したトラフィックを生むには「良質なコンテンツの量産」が必要不可欠です。

筋肉トレーニングのように

良質なコンテンツが増えれば着実に強くなるので

細かなSEOはいらずともコンテンツを重要視しましょう。

「特に人気の広がりやすいコンテンツ」は

フッターにおすすめ記事として掲載しておくことで

PVを増やしてより被リンクを獲得しやすい状態にすることができます。

特に同じジャンルのサイトからの被リンクは非常に強力ですね。

最初は成果も出ず、コツコツ地道にやっていくようになりますが

月5000円を超えることができれば後はすぐに収益が上がるので忍耐強く、

「有益でロングテールなコンテンツ」を作っていきましょう。



(6)アクセス解析データを生かせばアクセスは急増する。

ブログにはアクセス解析ツールを置いて

「どんなキーワードで訪問されているか」などのデータを取得しましょう。

Google Analyticsというアクセス解析ツールを使って

よりアクセスが生めるようなキーワード選定はもちろん

離脱数の多いコンテンツを改善して誘導率UPにつなげたり、

閲覧数の多いページから成果ページへ誘導するのも効果的です。

自分のサイトのアクセスアップにおいて一番重要なデータになるので

隅から隅まで解析して記事作り・サイト構築を常に最適化しましょう。

(7)イージーなミスは極力なくそう!

デザインがブラウザによって崩れていないかなど

各環境での表示確認をしておきましょう。

最低でもIE・Firefox・Chrome・Safariは必須で

特にIE6で崩れることが多いので一度確認しておきましょう。

ウェブから表示確認ができるサービスの中では

http://www.browserstack.comや

http://whatismyscreenresolution.net/multi-screen-testがおすすめです。

当サイトも表示確認を疎かにして収入を大きく落としていたことがあったので

各環境でデザインが崩れていないか、時々確認しておいた方がいいでしょう。

他にもサイト内でのリンク切れ・広告切れなどのミスも確認しましょう。

WordPressならプラグインのBroken Link Checkerで

通常のWebサイトならdead-link-checkerがオススメです。

http://www.dead-link-checker.com/ja/

(8)画像や箇条書きでコンテンツの視認性を上げる。

記事の最初にアイキャッチ(画像)を配置したり、

見出しタグ(h2など)でコンテンツ内容を箇条書きにするなど

見やすいコンテンツはより多くの成果を生むことに繋がります。

他にも視認性を上げるために行間を広めに取るなど

読みやすいブログを普段から研究して自分のサイトに取り入れるようにしましょう。

画像のないテキストだらけのブログ記事になってしまうと

人はすぐにブログから立ち去ってしまうため、直帰率がグンと上がります。

もし、アクセス解析で直帰率が高すぎるのであれば、視認性の低いコンテンツになっているかも。

(9)ユーザーのPV数を上げるサイトデザインにしよう。

ユーザービリティを考えたサイトデザインは

直帰率を下げ、訪問者の動きをスムーズにさせます。

カテゴリが分かりやすいパンくずリストやメニューバーの設置に始まり、

メインのコンテンツをサイドバーに分かりやすく配置したり

広告も過度に配置しないようにして、視認性を落とさないことが重要です。

特にアドセンスはサイドバー・記事の間・記事の終わりに1つずつで

あまり楽天やAmazonと併用しすぎない方がいいでしょう。

スマホでブログを開いた時にファーストビュー(スクロールせずに最初に見える範囲)に

広告が見えている場合、Googleは低評価を与えることを公式に発表しています。

「コンテンツをしっかり読ませること」を念頭に入れてデザインを調整しましょう。

(10)スパムはもちろん、グレーなSEOにも絶対に手を出さないこと。

有料リンクの購入やブラックSEOの実施はもちろんダメですが

質の低いサイトとの相互リンク、大量のリンク集の設置も絶対にやめましょう。

コンテンツのほとんどがテンプレートになっている質の低いページや、

アフィリエイトバナーの多用、過度なキーワード詰め込みにも気を付けましょう。

また、類似コンテンツはGoogleからペナルティを与えられる危険があるので

人のコンテンツを書き直したりすると一発で圏外に飛ばされてしまうので注意。

(11)h1・h2などの見だしタグにキーワードを絶対に入れること。

h1タグなどの見出しタグは非常に目立つので

ユーザービリティ的にもSEO的にも絶対にキーワードを入れておきましょう。

コンテンツ部分は自由に書いてOKですが

見だし部分にだけはキーワードを入れておくと効果的です。

ちなみにタイトルにキーワードを入れる場合は

最初の方に入れるほどSEO効果も高く、またユーザーも惹きつけやすいです。

例えばSEO対策というキーワードを狙う時は

【SEO対策】ブログのアクセスがない人におすすめのSEO対策15個まとめ

と、最初の方にキーワードを持って行くことでより強くGoogleから評価されるでしょう。

(12)画像にはalt属性を設定する。

画像にはalt属性という「画像を説明するキーワード」を入れることができます。

SEO効果はとても小さいのですが、

キーワード数は増えるので適切に設定しましょう。

また、Googleの画像検索にも引っかかるのでなるべく入れた方がいいですね。

(13)これからはスマホ向けにモバイルフレンドリー対策を。

近年で最も大きい変化がモバイルフレンドリー対策でした。

今はパソコンよりもスマホからの訪問が多いので

スマホやタブレットに対応したレスポンシブデザインにしておくことが大事です。

もし、既にアフィリエイトブログを持っているのならば

下記でモバイルフレンドリーに対応しているかテストしてみましょう。

モバイルフレンドリーテスト

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

WordPressならレスポンシブなテーマに変えるだけでOKです。

モバイルフレンドリーじゃないとマイナスの評価を与えられるだけではなく、

モバイルユーザーの直帰率も上げてしまうのでまだ対策していない人は要注意。

(14)ロングテールコンテンツは効果が大きい!

テキスト量の多い記事を書くことで

キーワードの組み合わせを増やすことのできる「ロングテールコンテンツ」。

ただ単に文章が多いだけでは直帰率が上がってしまい効果が薄くなりますが、

有益かつ文章量の多いコンテンツは被リンクもアクセスも呼び込み、強力な武器となるでしょう。

1ページあたりのテキスト量が多ければ

ロングテールでアクセスアップにもつながりますし、

単純に検索エンジンでの上位表示効果も高い傾向にあります。

また、被リンクを獲得するためにも役立つので、

下手なSEOをするより、役立つ長いコンテンツを作った方が何倍も効果的もです。

(15)アフィリエイトリンクは最小限にすること。

アフィリエイトサイトはGoogleでマイナス加点になりやすいので

楽天やAmazonのバナーを多く設置していたり、

アフィリエイトリンクが多すぎるページは危険です。

成果をほとんど生まない物販系の広告リンクは

いっそ削除した方が全体で見るとプラスになるかも。

CVR(成約率)の高いページにだけアフィリエイトリンクを貼って、

PV数の少ないページにはあまり貼りすぎない方がいいでしょう。

(16)URLにはキーワードを入れよう!

ブログの記事を作る時は、URLをタイトルに合ったものにした方がいいです。

例えばSEO系の記事であれば、URLにseoというキーワードを入れることで、

検索結果で太字で表示されるのでクリック率を少しだけ上げることができます。

上位表示自体にはあまり加点されないので重要ではないですが

page1.htmlなどとつけるくらいなら、絶対にキーワードを入れた方がいいです。

(17)Youtubeからのアクセスも用意しておくとよし。

YouTubeがGoogleに買収されてからYoutubeの上位表示が目立ってきましたね。

Youtubeにもコンテンツを作ることで、

アクセスの流入元を1つ増やすことが出来るでしょう。

もし、ライバルブロガーが誰も投稿していないのならば

Youtubeからのアクセスを独占できるので特に重要です。

以上、「今でも効果的なSEO対策の一覧」でした。




SEO対策の前に知っておくべきこと

前回の記事ではブログアフィリエイトで不労所得を得るために必要な知識やスキルをご紹介しました。 そこで今回はその中でも一番重要なSEOについて書きたいと思います。

いきなり「SEO対策!」と言っても、まずは何故SEOが重要なのかを知ってるかどうかで力の入れようが変わって来ます!焦らずにSEOの必要性を理解してください!




SEOの仕組みを知ろう

それでは「正しく、効果的なSEO」の基本を学んでいきましょう。

検索エンジンは様々な評価基準で各ブログの順位を決めていますが、

忘れてはいけないのが

検索エンジンは有益な情報をユーザーに提供したい

ということです。

だからこそ、ブログを書く人間も

「有益な情報をユーザーに提供すること」を目的にすべきなのです。

この考えを元にSEOを学んでいけば

ビッグキーワードで一位を取ることも可能ですし、

ビッグキーワードで一位を取れば簡単に稼ぐことが可能です。

「正攻法でやるんならどうせ時間かかるんでしょ?」

「だったら手っ取り早く稼ぎたいから楽な裏技をやりたい」

という人もたくさんいると思います。

しかし、人の記事をコピーしたりする裏技は100%スパムになり、

結果としてアクセスを全く生まないので、一番のムダな作業になります。

正攻法でももちろん近道はあるので

正攻法かつ近道のやり方で稼いでいきましょう。

さて、話を戻しますが、

それではまずSEOの最初の疑問として、

検索エンジンはどうやって順位を決めているのでしょうか?

簡単に言ってしまえば

「サイトの信頼性とキーワードとの適合性」が

主な評価基準となっています。

検索されたキーワードを

タイトルや文章に含んでいるサイトの中から

多くのブログ・ソーシャルメディアからリンクされている

「信頼性の高いサイト」を順番に表示しています。

そのため、

「有益な情報をユーザーに提供すること」で

「ソーシャルメディアやブログからリンクされる」ため、

着実に検索エンジンからの評価が得られて、上位に表示される訳です。

現在、有効なSEOというのは

狙い目のキーワードの選定や、タイトルや見出しへの適切なキーワード配置、

ジャンルに特化した有益なコンテンツを用意してSNSで広がる仕組みを作る、

コンテンツ量を増やして、全体のキーワード量を増やしていくなど、

とてもシンプルな対策だけです。

もちろん現在でも中古ドメインを使ったSEOや

IP分散、サテライトサイトなどの裏技SEOも存在します。

しかし、正攻法のSEO対策のみに絞って施策しないと

今年、または来年にGoogleのアルゴリズムが変化した際に

「確実に順位が落ちるブログ」になってしまいます。

正攻法のSEOには勉強も必要ですが

しっかり学ぶことで稼ぐことは簡単になっていきます。

上級者向けのSEOについては追って紹介しますので

まずはSEOの基本から押さえておきましょう。

ちなみに筆者がSEOを学んでいった上で

よく見ていたおすすめのブログも以下に掲載しておきます。

SEOmoz

https://webtan.impress.co.jp

海外SEOブログ

http://www.suzukikenichi.com/blog/

それでは次は実際にどのような対策が効果的なのかを見てみましょう。



アフィリエイトで稼ぐために必要なこと

前回の記事では数あるアフィリエイトの中でも最も効率的な稼ぎ方は「成果報酬型アフィリエイト」をメインに考えて「1つのジャンルに特化したブログ」を作成することが重要だとお伝えいたしました。ではブログを作成するためにどのようなスキル・知識が必要なのか。アフィリエイトで不労所得を稼ぐためにはどのようなスキルが必要なのかを書きたいと思います。




WEBの知識を学ぼう

ブログの運営とちょっとしたカスタマイズをするには

ウェブ制作の言語であるHTMLやCSSの知識がほんのちょっとだけあると便利です。

ただ、これらの言語の勉強から始めてしまうと

初心者の方は絶対に挫折してしまいますし、

正直、ブログを運営していくのにこれらの知識は必須ではありません。

その証拠に筆者も上記の言語について殆ど分からない状態ですが、

結果として、月に数百万円と稼ぐことに成功しています。

実際、全体の1%でも分かっていれば問題ないと思います。

なんとなくの概要だけでも知っていれば役立つことが多いので

ここで初心者の方にも分かりやすいように、少しだけまとめておきます。

まず、HTMLというのはブログの構造に対する言語で

CSSはブログの見た目の装飾に対する言語になります。

構造はHTML、見た目はCSSですね。

まず、構造であるHTMLを説明いたしますが、

ブログというのは基本的に

「ヘッダー」
「ボディ」
「フッター」

で構成されています。

人間の体と同じく

頭(ヘッド)
体(ボディ)
足(フット)

で出来ている訳ですね。

ヘッダーはタイトルロゴなどがある「ブログの一番上の部分」を指し、

ボディは記事内容のある「コンテンツの部分」を指し、

フッターはメニューなどのある「ブログの一番下の部分」を指します。

例えばGoogleのアクセス解析ツールである「Google Analytics」を入れたいと思った時に、

ヘッド内に「Googleから指定されるHTMLタグ」を入れるよう指定されますが、

その時にはヘッダー部分である「head(ヘッド)」の中にタグをコピペすればいい訳ですね。

ただ、大体の場合はGoogleで検索すれば、手順がすべて掲載されていることが多いので、

勉強せずともググれば毎回対応することができるかと思います。

また、見た目を変えることのできるCSSを少しでも学んでおけば

「行間を大きく取りたい」

「画像の周りの余白を大きく取りたい」

など、デザインに関する部分を自分でカスタマイズできるようになります。

しかし、今ではググれば簡単なカスタマイズのやり方もたくさん出てきますし、

ブログサービスもどんどんと直感的にカスタマイズできるように改善されているので、

「どうしてもここを変えたい!」という欲が出てきたら

状況に応じて少しずつ知識を吸収していくのがいいでしょう。

無駄に時間をかけて勉強する必要もないため、

効率重視でその状況に合った知識だけ吸収していくことをオススメします。

ここで挫折していてはもったいないですしね。



SEOを知ろう

それでは、続いて最も重要である

検索エンジンの上位を取るための技術、SEO(検索エンジン最適化)について学んでいきましょう。

その前に、SEOの歴史を学ぶことがとても大事です。

SEOの歴史を知らずに対策をしてしまうと

芯を知らずに「うわべだけのSEO対策」で終わってしまいます。

そうならないよう、まずはSEO業界の変遷と

検索エンジンのペナルティについて学んでみましょう。

現在、日本の検索エンジンでシェアを占めているのは

GoogleとYahooの2つですね。

2009年まではそれぞれ違う検索結果を表示していたのですが

2010年からYahooがGoogleのアルゴリズムを利用するようになり、

現在では同じ検索結果が出るようになっています。

YahooがGoogleのアルゴリズムを適用した理由は

Yahooの検索結果がスパムサイトばかりになってしまい、

多くのユーザーがGoogleに移動してしまったためです。

以前のYahooには悪質なSEOでも通用したため、

裏技を使うことですぐにどんなワードでも上位を取ることが可能でした。

裏技のSEOが通用すれば当然、検索結果は荒れることになります。

2010年前半は少量のテキストだけの広告ページが乱立し、

ユーザーが知りたい情報がなかなか出てこない状態になっていました。

そして、今ではYahooはGoogleのアルゴリズムを取り入れることになり、

そのような裏技SEOは一切通用しなくなりました。

そのため今はGoogleに対してのみ対策をすればいいのですが

Googleも毎年アルゴリズムのアップデートをしています。

Googleのアルゴリズムの歴史をまとめて説明すると

まず、2010年にパンダアップデートというとても大きなアップデートがありました。

このアップデートによって

記事内容をコピーしている悪質なブログは全て圏外に飛ばされ、

他人の文章を書き直してリライトしていたブロガーや

アフィリエイトページの大量生産をしているブログ、

リンク購入をして上位表示をしていたサイトは全てスパムフィルターに入れられました。

このアップデートで裏技的なSEOはほとんど使えなくなり、

世の中にあるSEO業者もたくさん潰れました。

SEO業者に頼んで有料リンクを購入していた人は

検索圏外に飛んでしまうなど、売上げを大きく下げていきましたね。

2010年以前はこのような裏技SEOでアクセスを稼ぐことも可能でしたが

今ではまず不可能で、人の記事を書き直して公開していた質の低いサイトは上位に表示されなくなりました。

そして、次に行われたのが

2012年のペンギンアップデートと

2013年のペンギンアップデート2.0です。

ペンギンアップデートによって相互リンクが公式に禁止され、

ソーシャルメディアで広がるような質の高いコンテンツが必要になりました。

故意な外部リンク施策をしているサイトを下落させたため、

SEO業者に頼んだ方のほとんどがこのアップデートで更に順位を大きく落としました。

これまでの変遷をまとめると

昔は検索エンジンへの対策をすることで

簡単に上位に行くことも可能でした。

相互リンクやリンクサービスで被リンクを集めたり、

キーワードを羅列してアクセスアップを狙うことも可能でした。

しかし、現在ではそのようなSEOは評価に入らないどころか、

順位を下げる「スパムSEO」になっています。

過度なSEOはペナルティフィルターにかかって

逆に順位を大きく落とされてしまう訳です。

ちなみに現在もし、ペナルティを与えられてしまっているという方は

以下の対策をすることで緩和することが可能です。

1、リライト記事がある場合は削除するかオリジナルの記事に変更する。

2、広告ばかりのページやテキスト量が極端に少ないページを削除する。

3、ブログ内の類似ページを削除する。

4、各ページに内部リンクを大量に置かない。(50個以上など)

5、発リンクを減らし、スパムサイトへのリンクをやめる。

6、キーワードの過度な詰め込み・繰り返し箇所を削除する。

7,隠しテキストや極小サイズテキストの使用をやめる。

8,相互リンクサービスへの参加をやめる。

上記の変更を行うことで多くのペナルティを脱出できますが

一度大きなスパムを行っている場合は

ドメインごとスパムフィルターに入れられているかもしれません。

文章を他のサイトからコピーしたり、

リライトをすると確実にスパムになります。

アフィリエイトで稼ごうとすると

ネットで色々なノウハウを収集することが重要になりますが

「裏技」もネットには溢れており、

その方法に惹かれて正攻法の道から外れてしまうことも多いでしょう。

多くの人が古いSEO情報を鵜呑みにしてしまい、

適当にSEO対策をして、ペナルティに陥ってしまいます。

基本的にGoogleは「故意に上位を狙う施策」を嫌いますし、

一度ペナルティフィルターに入ると

ブログの大幅変更やコンテンツの削除が必要になってきます。

それでもフィルターから抜けられずにブログごと捨てている人も多いです。

だからこそ「絶対に」悪質なSEOや過剰なSEOはしないようにしてください。

大事なのは「正攻法で不労所得を稼ぐシステムを作ること」です。

今、やるべきは「正しいSEOだけで上位表示すること」なのです。



アフィリエイトって何?

アフィリエイトの基本について学んでいきましょう。

アフィリエイトとはブログに広告を掲載して、

訪問者が広告をクリックしたり、そこからサービスの登録や商品の購入をした際に、

ブログ運営者に報酬が支払われる広告ビジネスのことを指します。

アフィリエイトと一口にいっても

楽天やAmazonのバナー広告を利用して、

商品を売った際に報酬がもらえる「物販アフィリエイト」

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)を通して、

無料会員登録・資料請求などを促す「成果報酬型アフィリエイト」

インフォトップ・インフォカートなどを通して、

情報商材を紹介する「情報商材アフィリエイト」

Googleアドセンスなどを通して、

自動で表示される広告で稼ぐ「クリック報酬型アフィリエイト」

と、アフィリエイトの中にも多くの種類があります。

各アフィリエイトの稼ぎやすさについてもここで簡単に触れておきます。




「物販アフィリエイト」

物販アフィリエイトは報酬額が1%程度と非常に少ないため、

アクセス数とページビュー数が多くない限り、まず稼ぐことは出来ません。

(ページビュー(PV)とは閲覧されたページ数のことです)

昔はネットで稼ぐ方法をマスター!でも楽天やAmazon広告を掲載していたのですが

成果報酬メインで稼いだ方が収益がかなり高かったため、今では掲載を完全にやめています。

また、現在のGoogleの検索エンジンアルゴリズムでは

アフィリエイト広告が多すぎるとそのページがマイナス評価されてしまうため、

今では成果がほとんど出ない物販系のアフィリエイト広告はほぼ全て削除しています。

ちなみに、以前掲載していた

楽天アフィリエイトの収益データは以下になります。

月間アクセス数    約170,000

月間ページビュー数  約490,000

直帰率(1ページで閲覧をやめた率)70.86%

楽天バナークリック数 1510クリック(アクセス数の1%弱)

クリック後の購入回数 96回

楽天市場での売上げ  ¥710,000

アフィリエイト報酬  ¥8,563

まとめると

1ヶ月で50万ページが閲覧されているのにも関わらず

報酬は1万円にも届かないという結果になっています。

もちろん配置場所や誘導の仕方によって

クリックされる数はかなり上下しますが

基本的に物販アフィリエイトで大きな収入を稼ぐのは難しいでしょう。

他のアフィリエイトと併用することで

もう1つの収入源を得ることは出来るので

メインではなく成果報酬型アフィリエイトなどと併用するのはアリかもしれません。

ちなみに物販アフィリエイトでは

楽天アフィリエイトとAmazonアフィリエイトが主流ですが

個人的には一部のブログ以外は楽天アフィリエイトの方がおすすめです。

バナー広告にはcookie(クッキー)というものがあり

楽天ではクッキーが30日間と非常に長いため

訪問者がブログに掲載した広告バナーをクリック後、

30日以内に楽天で買い物をすれば報酬が支払われるようになっています。

Amazonではクッキーが1日と短いので

楽天の方が成果につながる数は多くなります。

また、モーションウィジェットなどの公式ツールも充実しており、

筆者も複数のブログで両方掲載して比較してみましたが

楽天の方が収益が高い傾向にありました。

ただ、コンテンツが2chまとめなど、

書籍・ゲーム・CD・DVDなどに強い場合は

Amazonの方が収益が高くなる傾向になっています。

Amazonの場合は他の商品とまとめて買うことも多いので

扱う商品によって使い分けるのが最も効果的ですね。

サイドバーやフッターに広告バナーを掲載するのならば

Googleアドセンスの方が断然稼ぎやすいので

記事内で商品を紹介する場合にのみ物販アフィリエイトを使い、

サイドバーや記事前後の広告はアドセンスで稼いだ方が確実に収益が高くなります。

ただ、ポイントサイトなどの紹介はアドセンスの規約に反するため、

ネットビジネス関連のサイトでは厳密に言えばアドセンスは掲載できません。

ただ、当サイトも指摘されるまで6年近くアドセンスで稼いでいたので

もし、規約違反サイトでアドセンスを使う場合は

ダメになるまでGoogleアドセンスを利用して稼ぎ、

指摘された際に楽天のモーションウィジェットに切り替えるのもいいでしょう。




「成果報酬型アフィリエイト」

成果報酬型アフィリエイトでは

ブログのジャンルを特化させることで

アクセスが少なくても大きく稼ぐことが可能です。

アクセスと比例して稼げる額も増えていきますし、

物販と違って「稼ぎやすいアフィリエイト型」と言えるでしょう。

しっかりと成果へ誘導するためには、

「成約率(CVR = コンバージョンレート)の高いコンテンツ」を作り込み、

全てのページから成果を生み出すページへ訪問者を流れさせる

「サイト内の導線作り」が重要になってきます。

訪問者の誘導方法としては、

サイドバーに「注目のエントリー」を表示させたり

記事の終わりに成果を生むコンテンツへのリンクを張ることで

全てのページから誘導していくのが効果的です。

「情報商材アフィリエイト」

情報商材アフィリエイトは、

情報商材を紹介して売れた額に応じて、

紹介報酬をもらう方法です。

数年前に爆発的に流行しましたが、

今では稼ぐことが少し難しくなった方法でもあります。

商材のレビューや関連した記事を書いていくことでアクセスを集めていきますが

Googleのペナルティフィルターにひっかかることも多く、

広告主も情報商材販売業者のみになるので

長期的に考えるとあまり安定のしない方法と言えるでしょう。

この情報商材アフィリエイトを勧める情報商材も非常に多いのですが

今から始めてもあまり稼げないので、手は出さない方が賢明かと思います。

「クリック報酬型アフィリエイト」

次にクリック報酬型のアフィリエイトですが

こちらはブログの記事後ろやサイドバーにGoogleアドセンスのバナーを掲載して稼ぐ方法です。

Googleアドセンスでは記事内容に関連した広告が自動で表示されるようになっているので

1度貼ってしまえば、コンテンツに合った広告が自動で表示されるようになります。

1クリックあたりの平均単価はブログのジャンルによって変動しますが

全体ではパソコンからだと1クリック30円・モバイルからだと1クリック40円の報酬になります。

ちなみに筆者が運営するブログの直近1年間のアドセンスレポートは以下になります。

ページビュー    9,252,880
クリック数       58,902
CTR(クリック率)   0.31%
CPC(クリック単価)   ¥31
RPM(1000表示単価)  ¥198
見積もり収益額  ¥1,828,724

データではクリック率が0.31%と低めですが

なるべくクリック率を1%近くまで持っていくことで

大きく収益を上げることが可能です。

しかし、成果報酬型の方が大きく稼ぐことができるので

注目度の高い位置にはアドセンス広告よりも成約率の高いページを優先して掲載した方がいいでしょう。

筆者のブログでも基本的に成果広告を優先しているので

アドセンスのクリック率は低めになっています。

ちなみにクリック報酬型アフィリエイトには

Googleアドセンス以外のサービスも存在していますが

アドセンスが最も広告数が多く、単価も一番高いのでアドセンス一択で問題ありません。

アドセンスでの稼ぎ方については後でまとめていますが

アドセンス収益はアクセスと完全に直結している為、

ページビュー数(見られたページ数)が多ければ多いほど収益は増加します。

そのため、サイトに長く留まらせるような

魅力的なコンテンツ作りを心がけることが重要でしょう。

このように多くの種類があるアフィリエイトですが

最も効率的な稼ぎ方は

「成果報酬型アフィリエイト」をメインに考えて

「1つのジャンルに特化したブログ」を作成していきます。

その全ページに「クリック報酬型のGoogleアドセンス」を貼り、

成果報酬型広告とクリック報酬型広告の両方で成果を上げていきます。

これが「アフィリエイトの基本」になりますが

もちろんこれだけで稼げることは絶対にありません。

これから紹介する様々なノウハウを使うことで、通常よりも何倍も早く稼ぐことが可能です。

まずは基本を学ばなければ稼ぐことは難しいですし、

ノウハウを吸収するのも時間がかかるかと思いますので

少しずつアフィリエイトについて学んでいきましょう。



懸賞を当てやすくする方法

よく利用される応募の方法として、ハガキとインターネットの2つがあげられます。 一般的にハガキの方が、当選確率が高いです。 理由はやはりインターネットより手間と負担がかかるというのが一番の原因だと言われています。

それ以外にもインターネットだと自分の事をアプローチしにくいため、
懸賞生活をしている方々の大部分はハガキで行っているのではないでしょうか?
そこで、ここでは懸賞に当てやすくするコツを簡単に説明しましょう。




まずよく知られているハガキに蛍光ペン等で
色を塗り目立たせる方法ですがこれははっきり言ってやるだけ無駄でしょう。

最近はその手のハガキは見慣れた光景になっているようで、
そのハガキを予め外しておくという所もあるほどです。

やはり、基本的な方法ですが「読みやすい字」で「記入方法」は必ず守り、
テレビよりラジオ、女性誌より男性誌、新聞より雑誌に載っている応募を優先します。

そして「感想」については記入の有無がなくても必ず書くようにしてください。
このようなことは意外と見ているもので、感想が書いていないだけで落とす所も多々あります。

ただ、下記で説明する「私書箱」については無差別に
当選を決める所も多いので指示が無い限りは書かなくてもよいでしょう。

より応募者数が少ない方を選ぶ事で、当選確率を高めます。

では、どうすれば応募が少ない懸賞を選ぶ事ができるのか。



答えは簡単です。
懸賞をよくやる方なら一度は目にする「私書箱」と言う言葉。

私書箱とは郵便局内のポストのことで、多数の郵便物が来ると予想される場合によく使われます。
つまりあて先に「○○都○○区私書箱○号」などと書かれている場合、それだけ倍率が高いということです。

出来る限り応募は避けましょう。
逆に書かれていない場合、倍率が低い事が多いわけです。

それ以外には手作りハガキをつくるなどオリジナルにこってみてもよさそうです。
そのときに通常のハガキより一回り大きく作れば他のものより目立ちより効果的です。

ちなみにハガキとして適用されるには下記の条件を満たしてなくてはなりません。
横幅 9cm~10.7cm
縦幅 14cm~15.4cm
重量 2g~6g

次にネット懸賞の方ですがこれは先ほど言ったとおりそう簡単には当たりません。
そのためいかに多くの応募が出来るかがポイントになってきます。

とはいっても、おなじ商品に複数応募しても逆効果ですのでご注意くださいね^^;
私のお勧めとしてはまずこのようなものをダウンロードしてみてください。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se134506.html
これは予め設定してある住所など個人情報を手動で一瞬のうちに入力できる優れ物です。

そしてやはり忘れてはいけないのが「感想」ですね。
これも面倒くさがらずに必ず記入するようにしましょう。

懸賞の応募サイトの一つとしてこの「フルーツメール」をお勧めします。
http://www.fruitmail.net/cgi/introduce_jump2.cgi?603110

こういった商品などで、コンスタントに利益を出している人達がたくさんいます。
元手をなるべくかけたくない人にとっては、一つの有効な方法だといえるでしょう。